MATCH レポート

2023.12.2 SAT 14:06

J1昇格プレーオフ 決勝 国立競技場

VS 東京ヴェルディ

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    1
    0 前半 0
    1 後半 1
    1
  • ロゴ:東京ヴェルディ

    HOME

63’ チアゴ サンタナ
90+6’ 染野 唯月

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】12月2日 J1昇格プレーオフ 決勝 vs 東京ヴェルディ @国立|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 鈴木 義宜

    たくさんのサポーターが来てくれた中で、勝てずに申し訳ないと思う。


    点を取れないのであれば与えないということもそうだし、チャンスを作る回数を多くするということも含めて、この2試合で1点しか取れていないので、そこが課題だと思う。自分たちが1点を取って焦っているのは相手だと思ったし、その中で前がかりになったところでカウンターを仕留めたらと思っていた。


    (PKを取られたときにサポーターを煽ったのは)相手がよりプレッシャーを感じるだろうし、PKを取られてしまった事実は変わらないと思った。サポーターの皆さんの力を借りればワンチャンスはあるかなと思っていた。


    このチームをJ1に上げるというのが至上命題で、その中でキャプテンを任命された中、あと一歩というところまで来て、結果につなげることができなかったというのは申し訳ないと思う。




    続きを読む
  • 乾 貴士

    東京Vの方がJ1に上がるにふさわしかったということだと思う。


    「ここで勝てば」という試合がシーズンを通して何回もあったし、それを勝ちきれなかった。今回も1-0で終われたら上がれていたが、ああいうところでミスをしてしまうというのは自分たちがまだまだだということ。もちろん一人一人のクオリティを考えればJ1にいておかしくないかもしれないが、でも結局はJ2で4位でプレーオフでも勝てなかった。


    (追いつかれた時は)もちろん悔しかった。自分がピッチに立てていないことも悔しかったし、でも信頼している仲間にあとは託したので、その中でPKを与えてしまった。


    去年からずっと勝ちきれない、アディショナルタイムに追いつかれるというのが続いている。何かを変えなければいけないと思うが、去年から同じような感じになっている。


    (個人としては)J1に上げれなかったことが全て。得点もアシストも全く意味がない。大事なときに何も仕事ができなかったので申し訳なく思っている。本当に不甲斐ない。それだけ。





    続きを読む
  • 白崎 凌兵

    全体を通してある程度、自分たちが狙った通りの時間もあったし、相手の時間もあった。得点後は自分たちも5バックにしたので、全体的に後ろに重くなって相手に持たれる場面もあった。中で声もかけていたし、危ない場所はチームとしてうまく消していたのでそこまで怖さはなかった。失点の1つ前にクロスからギリギリのところでかきだした場面。それ以外はそれほど怖さはなかった。


    ゲームプランとしても最後はゲームクローズに入るという中で、ボールホルダーにプレッシャーがかからない状態だったので、ディフェンスラインと中盤で声掛けをして、とにかく中を締めて、外からのボールは3バックが責任を持って弾くという話をしていた。


    ある程度落ち着いてやれていた部分もあったが、追加点が取れなかった。自分たちは点を取りに行くというところをずっと監督が言っているし、2-0になっていれば何か事故があったとしても、自分たちに良い結果が得られたと思う。その1点も相手のハンドというラッキーな部分もあったし、相手の守備を崩しきれなかったというところが今の自分たちの実力だと思う。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

見ての通り何も勝ち取れなかった。ただただそれだけ。何回負けて泣いてるんだと。プロとして何も残せない、まだまだ足りないということなので、それは僕も含めて下を向いて泣いている場合ではない。これをしっかり心に刻んで、これからのフットボール人生どういうキャリアを過ごすのか。まだまだプロフットボーラーとして、人間力、勝負強さ、メンタリティ、そういうものが全て足りないということ。このオフシーズンに、自分がどうなりたいのか一人一人がしっかりとキャリアを見つめ直し考えたいと思う。


――ロッカールームで話したことは?


負けて泣くんじゃないということ。我々はプロだから勝たなければ何も意味がない。ただそれだけ。


――前半良い流れだったと思うが、後半のプランはどう描いていたか?


ゲーム自体は優勢のように見えるが最後のフィニッシュのところで前半から決定機があるかと言えばそうではない。もう一度最後のボックス周りでどう冷静にラストパスを出すのか、フィニッシュまで持っていくのか。そういったところで力が入っているように見えたので、そうならないように後半どのように仕留めるのか、前半あれだけ相手が来ていたので後半は足が止まると思っていた。システムも含めどうやって仕留めるかというのを選手に話した。


――1点取ったあとに5バックにしたが、1点を取ったら守りに入ろうと決めていたか。


点を取る前から3バックにしていた。点を取ったから3バックにしたというより、その前から我々は3バックのプランを元々持っていた。そこで点が取れた。そこからどうゲームを進めていくのか。今日は2点差以上で勝とうという話をしていたし、85分までは守るつもりは全くないという話を選手たちにはずっと伝えていた。点を取ったからといって守るつもりは全く無かったが、ゲームの心理なのか、流れなのか、どうしても押し込まれてしまうというのが残念だった。我々としては2点目を取りに行く、2点目を取ってゲームを決めるというのが我々の持っているプランだった。


――サポーターに伝えたいことは?


ただただ申し訳ない。何度も何度も悔しい思いをさせてしまった。それはもう言葉がない。それでも多くの方が清水エスパルスを応援してくれている。感謝の気持ちしかない。それにプロとして応えられない、まだまだ甘いんだろうなと思っているので、何かを根本的に僕を含めて変えなければ、ずっと繰り返すだけだと思う。もっともっと抜本的に見つめ直して、オフシーズンの間に色々なものを変えていきたいと思う。









バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞