MATCH レポート

2021.2.27 SAT 15:03

明治安田生命J1リーグ 第1節 県立カシマサッカースタジアム

VS 鹿島アントラーズ

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    3
    0 前半 0
    3 後半 1
    1
  • ロゴ:鹿島アントラーズ

    HOME

78’ チアゴ サンタナ
83’ 後藤 優介
88’ オウンゴール
75’ 荒木 遼太郎

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】2月27日 明治安田生命J1リーグ 第1節 vs 鹿島アントラーズ @カシマ
【ピックアップクリップ】「今シーズンのチーム初得点はサンタナ。先制された直後の貴重な同点弾を左足で決めた!!」2.27 鹿島アントラーズ @カシマ
【ピックアップクリップ】「勝ち越し弾は後藤の豪快なダイビングヘッド。カルリーニョスのクロスをドンピシャで合わせる!!」2.27 鹿島アントラーズ @カシマ
【ピックアップクリップ】「最後まで攻め続けた証し。相手のオウンゴールでダメ押しの3点目!!」2.27 鹿島アントラーズ @カシマ
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • チアゴ サンタナ

    世界でも注目されるこのリーグでプレーできることをすごく幸せだと感じていたし、この清水エスパルスというチームの一員として、このユニフォームを来てグラウンドに立てることを非常に嬉しく感じていた。今日、ゴールが生まれたことで、さらにすごく幸せに思った。でも、これからももっともっとゴールを決めていけるように努力を続けたい。(ゴールの形は)あのプレーの前に、カルリーニョス(ジュニオ)、(中村)慶太、カツ(中山克広)の絡んだプレーがあって、自分のところにボールが回ってきた。少しタイミングを取って、相手の足が開いたところを狙ったようなゴールだったと思う。


    前半、我々は悪くなかったと思うが、相手がとても勢いを持って入ってきたところと、すごくアグレッシブに戦ってきたところで、なかなか主導権を握れずにいたと思う。それでも自信を失うことなく、しっかり守備はできていた。ハーフタイムにも監督からもしっかりと修正点を確認してもらって、後半も良い入りができた。失点はしてしまったが、そのあとしっかりと我々のやるべきことを、特に守備の面で続けたことで自信を失うことなく守ることができて、同点ゴールや追加点を取ることができて、良い試合につながったと思う。


    サポーターの皆さんも、今はなかなか自由にスタジアムに来られない状態が続くなかで、それでも我々とともに戦ってくれている。皆さんのサポートがあって、今日も良い試合ができたと思う。我々の家族もなかなか近くにいられない状態が続いているが、できるだけ早くこの状況が回復して、そして皆さんとより近い距離で勝利を祝うことができるような日が来ると信じている。我々のやることは、今日静岡に帰って、水曜日には次の試合が待っている。次の試合でベストを尽くす状態に持っていけるように、また準備をしたいと思う。リーグ戦はまだ始まったばかりなので、まだまだ集中を続けていきたいと思う。






    続きを読む
  • 後藤 優介

    (ゴールシーンは)カルリーニョス(ジュニオ)選手にボールが入った時に中を見ていたので、自分は信じて入ったというところだった。特に動きの狙いはなかったが、あそこにボールが来てくれたらという気持ちで入って行ったので、そこに(ボールが)来てくれたというのが一番だったと思う。(ゴールを決めた瞬間は)やっと入ったなと思った。去年はなかなか決めることができなかったので、すごく嬉しかった。自分は、みんなが喜んでいる姿を見ると嬉しいので、それを見ることができて良かった。


    (交代で入って)自分はできることをしっかりやろうと思っていたし、練習でやってきていることをやるだけだったので、そこはしっかりできたと思う。(2列目のポジションに入って)自分のところで落ち着いてボールをさばけたら良いなと思っていたし、セカンドボールのところも拾えたらと考えながらやっていた。攻撃になったら自分が入っていけるように、そのために良いポジションを取ろうと考えてやっていたので、それが少しできたと思う。


    去年、この姿をあまり見せられなかったので、今日見せることができたことは良かったと思うし、これをもっと続けていかなければいけないので、しっかりまた切り替えてやっていきたい。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ロティーナ 監督

前半は拮抗した試合で、両チームがゲームを支配しようとした前半だったと思う。お互いに1つずつチャンスがあって、彼らのチャンスは権田(修一)がスーパーセーブをして、我々にとってのチャンスは中山(克広)が外してしまった。


後半は、より鹿島がゲームを支配する形でゲームはスタートした。あまりチャンスは作れていなかったが、彼らのプレスを抜けてボールを運ぶことは難しい状態だった。そしてコーナーキックから彼らが1点を取った。そのあと我々がすぐに同点に追いついたが、それが試合のカギだったと思う。彼らにとって同点ゴールは大きなダメージだったと思うし、またその中で2点目がすぐに入った。素晴らしいゴールだったと思う。それによって、試合をこちらのものにすることができた。コーナーキックで3点目を取って、難しい試合をものにすることができたと思う。


――4-3-3のように見えたが、フォーメーションの意図は?


ある時には4-3-3、ある時には4-4-2というシステムだった。狙いは、よりボールを持ってプレーすることで、相手にダメージを与えるためにそういう選択をした。2列目にフォワードの選手であるレレ(ディサロ燦シルヴァーノ)だったり、後藤(優介)を入れてボールを持ちながらも、彼らが飛び出すエリアに入ることによって得点のチャンスを狙っていくということを考えていた。


――1失点はしたが全体的に守備面ではどうだったか?


守備面は良かったと思う。どんな試合でも良い守備をする必要がある。そのなかでもゴールを決められてしまうことはもちろんあるが、良い守備をするという意味では、今日はとても良かったと思う。チームとしての仕事はもちろんあるが、個人個人が集中してミスをしないことも重要で、そういう意味では選手たちの働きは満足しているし、先ほども言ったが、権田は素晴らしいセーブをした。個人個人の選手の集中力、パフォーマンスが光ったと思う。


――交代選手のタイミング、意図は?


レレは前半とても仕事量が多かった。フィジカル的にも負担が大きく、またメンタル的な頭脳の部分での負担も大きかった。というのは、彼にとって新しいポジションだったし、考えながらプレーする必要があったので、疲れが少し見えたので後藤にチェンジをした。後藤は自分の持ち味を出してチームに貢献してくれたと思う。(河井)陽介は味方とコンビネーション、連動してチームの仕事を果たしてくれる選手で、彼ら2人ともチームに貢献したと思う。交代選手がチームに貢献する、自分たちの持ち味を出してチームに貢献するというのは、90分の中でとても重要なことで、その部分でも満足している。彼ら3人はそれぞれの役割を果たしてくれたと思う。















バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞