MATCH レポート

2021.6.27 SUN 18:03

明治安田生命J1リーグ 第20節 ニッパツ三ツ沢球技場

VS 横浜FC

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    1
    0 前半 1
    1 後半 0
    1
  • ロゴ:横浜FC

    HOME

81’ ヴァウド
45’ 渡邉 千真

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】6月27日 明治安田生命J1リーグ 第20節 vs 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「値千金の同点弾。河井のCKにDFを振り切ったヴァウドが、頭で合わせゴールを決めた!!」6.27 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「右足で放つ強烈なシュート。片山のパスを受けた指宿が、エリア外から狙うもボールは左へ!!」6.27 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「持ち味を魅せた。河井の浮き球パスを指宿がヘッドで合わせるが、ボールは右ポストに弾かれる!!」6.27 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「後半アディショナルタイムの攻撃。DFの裏へ抜け出したサンタナ、こぼれ球に詰めた竹内と続け様のシュートも相手の好守に阻まれた!!」6.27 横浜FC @ニッパツ
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 中山 克広

    前半は、守備で苦戦した部分があったが、攻撃の面では右サイドを中心に崩せているところもあったので、そのチャンスをものにするべきだった。前半のうちに取れたら大きかったと思う。


    守備では特に相手の左サイドの3番の袴田(裕太郎)選手と24番の高木(友也)選手のところで、クロスを上げさせないようなイメージを全員が持っていたが、誰がボールに出るかというところがはっきりしていなくて、簡単に上げさせることが多かった。後半は自分を1つ前に出して、プレスをかけやすくするためにという指示があった。


    ただ、誰もが点を取れると感じていたので、もう1点取ることができたという思いと、勝ち点3を取れたという悔しさが残る試合になった。



    続きを読む
  • ヴァウド

    この試合は、もちろん勝ち点3が欲しいゲームだった。チャンスもあったし勝ちたいゲームだったが、ゴールが入らない時は何としても勝ち点1は取らなければいけない、そういうゲームもあると思う。


    そのなかでセットプレーは我々が準備してきた部分なので、そこが形となって現れたのが嬉しかった。ボールが最高だったので、触るだけで良かったゴールだと思う。


    守備の部分では、自分一人で守ったわけではなくて、チームとして機能していたからこそ、相手に簡単にゴールをさせなかったと思う。彼らに打たれる場面もあったが、我々が最後まで集中して守り、それ以上のゴールを与えなかった。決して下を向く結果ではないと思うので、この気持ちを維持して、また次のゲームに臨みたい。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ロティーナ 監督

前半は悪くなく、少ないながらもチャンスは作れていたと思う。そのなかで彼らがスローインから我々のプレスを外して、素晴らしいゴールを決めた。セカンドハーフの立ち上がりは少し冷めたような印象を受けたが、そのあと熱を持ってプレーをしてくれたと思う。同点の前にもチャンスを作れていたし、コーナーキックからの得点のあともチャンスを作れていた。その選手たちの熱意だったり、姿勢、野心は満足している。最後の最後のプレーまで勝利を目指してチャンスを作っていたということを考えると、(結果は)残念だが、それもサッカーだと思う。


――後半スタートからカルリーニョス選手を投入した意図と後半システムを変えた意図は?


カルロス(カルリーニョス ジュニオ)は(コンディションに)違和感があったので、彼と話をして、拮抗した展開で必要があれば30分、40分プレーするという話をしていた。できれば無理をさせたくなかったが、あのような展開だったのでリスクを冒して彼を使った。


システムに関しては悪くはなかったと思うが、より良くするため、また相手のエリアの中で、攻撃で存在感を出すためにシステムを変更した。


――仙台、横浜FCとの連戦で勝ち点4という結果についてはどう思うか?


仙台戦は一番難しい状況でチアゴ(サンタナ)がゴールを決めて、仙台戦は勝ち点を取ることができた。今日は、より勝てるという感触があり、チャンスを作って最後のチャンスを決めるというタスクがあったが、それを決めることができず引き分けで終わった。勝ち点4は、満足できるか?と言われたらできないが、同点に追いつき、最後まで逆転を目指して戦う姿勢や、選手たちが自分たちのキャラクターを見せてくれたことは満足している。


――前半劣勢の場面が目立ったが、その要因は?


いくつか要素があると思うが、攻撃の要素で言うと、少し焦って狭いスペースでアタックしてしまった。ベンチからは落ち着いてボールを回して、スペースを広げていくようにと言っていたが、それができずに、相手のディフェンスにとって簡単な攻撃になっていたと思う。


――攻撃面で流れのなかで点が取れなかったことについて、どのような改善点、修正点があるか?


後半に関してはチャンスをたくさん作っていたと思う。外から中から、流れのなかでチャンスを作っていた。それが決まらなかったというだけで、それ以上のことをチームに求めるのは難しい。


――シーズンの半分が終わったが、残りの半分の意気込み、具体的な目標は?


もちろん、一番は成長していくこと。毎日のトレーニングが成長するチャンスだし、毎試合が成長していくチャンスだと思う。個人個人が成長すればするほど結果や順位に反映していくと思うし、我々は良い道のりを歩んでいると思うので、それを積み上げていきたい。











バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞