MATCH レポート

2023.3.18 SAT 14:04

明治安田生命J2リーグ 第5節 エコパスタジアム

VS ジュビロ磐田

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    2
    1 前半 1
    1 後半 1
    2
  • ロゴ:ジュビロ磐田

    HOME

42’ チアゴ サンタナ
87’ チアゴ サンタナ
2’ 後藤 啓介
66’ 松本 昌也

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】3月18日 明治安田生命J2リーグ 第5節 vs ジュビロ磐田 @エコパ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「チアゴサンタナが左足で強烈シュートを叩き込み、今シーズン初ゴール」3.18 ジュビロ磐田 @エコパ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「競り合いからのこぼれ球をチアゴサンタナが反応し同点ゴール」3.18 ジュビロ磐田 @エコパ|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • チアゴ サンタナ

    (ゴールは)非常にホッとした。開幕戦から取りたいという気持ちはあって、今日決める事ができて良かったが、勝ち点3が取れなかったのは残念。


    1点目に関しては良い連携だった。まずは練習でやってきたことを試合に出せたのが嬉しい。レレ(ディサロ燦シルヴァーノ)選手が縦パスを出して西澤(健太)選手が自分の動きを見て良いボールを出してくれた。ファーストタッチで打てるようなボールだったので、あとは決めるだけだった。2点目は、(オ)セフン選手が入ってきてからロングボールも入ってきて、クロスも増えてきていた。そのクロスから取れたし、セフンが良いヘディングをしてボールが自分のところにこぼれて決めれたと思う。


    サポーターの皆さんも苦しんでいると思うし、1日でも早く勝利を見たいと思う。今日の試合では勝利はできなかったが、少しでもサポーターの皆さんに喜びを与えたいと思った。次節は勝ってサポーターの皆さんと一緒に喜びたい。


    個人的には得点を取ったことで、次節にもつながるし、自分にとってもチームメイトにとっても自信につながると思う。ただ、勝ち点3が取れていないので、次節は必ず勝って上に向かいたい。




    続きを読む
  • 鈴木 義宜

    悔しいし、勝ちたかった。早い時間帯の失点だったが、みんなには「特に問題はない」ということと、「まだアディショナルタイムを入れたら90分以上あるから続けていこう」ということを伝えた。


    そこから狙いとしている形で点が取れた。やっと流れの中から取れた点なので、そこは良かったと思う。ただ、攻撃の部分では後ろからもっとチャンスを作りたかったし、複数得点取っているのであれば、守備は1点で抑えないと勝ち星は付いてこない。そこは、今後噛み合う時が来ると信じて、今やっていることのクオリティを上げていきたい。


    2失点目は、相手が裏に抜け出して、まず自分がしっかり奪い切るということ。そしてバックパスに対してクリアするのか、つなぐのかというところの判断。ミスが3つ重なる形で失点してしまったが、誰かのミスをカバーできるようなチームにしていきたい。



    続きを読む
  • 岸本 武流

    ダービーは自分たちも気合が入っていたが、観に来ている方々も気合が入っていたので、勝利をプレゼントしたかった。


    最初に失点してしまったが、切り替えることはできていたと思う。ハーフタイムも悪い雰囲気ではなかったし、「苦しいのは相手の方だ」という話をしていた。だが、2失点目は失点の仕方が良くなったと思う。


    個人としては相手がブロックを敷いてきたら、自分が上がって攻撃の層を厚くしようと思っていた。でも、最後の精度が足りなかった。クロスを上げきるところまでは良かったが、中の動きも、自分の精度も両方とも高めていかなければいけないと思う。


    もう引き分けはいらない。サポーターの皆さんもそう思っていると思うので、早く勝ちきるような試合を見せたい。




    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ゼ リカルド 監督

非常に悔しい。またもチャンスを作り、勝てる内容のゲームをしながら、勝ちきれないゲームになってしまった。立ち上がりに失点したことで、磐田の思い描いたプランに持っていかれてしまったと思う。磐田はローブロックで守りながらカウンターを仕掛けてくるであろうということは準備していたし、失点してしまったことで、さらに苦しい展開になった。だが、我々も準備してきたことを見せていきながら、しっかりボールを動かし、最後まで戦って2点を決めることができた。我々が欲していた初勝利は、またものにすることはできなかったが、最後まで戦った選手たちの姿勢は称えたい。


――攻撃面でどのようなことを選手たちと共有してきたか?


まさにプラン通りのことが今日、起こったと思う。我々が準備してきたのはボールを持ったとき、ビルドアップの最初を3人でスタートして、2列目にホナウド1人を置いて、それ以外の選手が前線に人数を割くという形を準備してきた。(岸本)武流と(山原)怜音はサイドの幅を取って、そして2ストライカーをセンターレーンに置き、その両脇で、ハーフスペースでプレーする選手がいる。そういったことでより前線の流動性や、サイドからのクロスに侵入できる選手も取っておくというプランがあった。サイドからの攻撃、そして中央からの攻撃はバリエーション多くできたと思うし、データもこれから分析していかないとはっきり分からないが、特に右サイドは良くできたと思う。シュートも数多く打っていたが、相手ゴールキーパーが当たっていたと思う。そうした相手に対して崩しきれなかったが、立ち上がりの失点以降、後半でもほぼボールを支配している中で、相手に与えた唯一のチャンスで2失点目をしてしまった。集中の乱れから失点してしまったことは残念。課題となる部分は引き続きフォーカスしながら、これから勝ち点を積み重ねていかなければいけないし、リーグが始まったばかりだと言っても、我々の目標に辿り着くためには気の緩みを見せられないので、これからもハードワークをしていきたい。


――1失点目はどのように見ているか?


立ち上がりは、どの試合でもゴールが生まれやすい時間帯なので、もっとアラートにしておくべきだったと思う。加えて磐田はカウンターの得意なチーム。我々の背後に出されたボールからゴールが生まれてしまった。そのゴールによって、磐田にとってはプランを進めやすくなってしまったと思うので、それが悔しい。それでありながらも最後の最後まで我々の選手たちが最後まで戦ってゴールを奪いにいったという姿勢は現実としてある。課題もありながら、チームとしてやらなければいけないことにフォーカスしてこれからもやっていきたい。





バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞