MATCH レポート

2023.4.1 SAT 13:03

明治安田生命J2リーグ 第7節 JIT リサイクルインク スタジアム

VS ヴァンフォーレ甲府

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    0
    0 前半 0
    0 後半 1
    1
  • ロゴ:ヴァンフォーレ甲府

    HOME

82’ 長谷川 元希

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】4月1日 明治安田生命J2リーグ 第7節 vs ヴァンフォーレ甲府 @JITス|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「FKからボールをつなぎ、左サイドで待ち構えていた吉田豊が左足でシュート」4.1 ヴァンフォーレ甲府 @JITス|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「CKからのこぼれ球を北爪健吾が左足で強烈なダイレクトボレーを放つ」4.1 ヴァンフォーレ甲府 @JITス|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 吉田 豊

    毎試合毎試合、自分がやるべきことは変わりはないが、特に勝たなければいけないという状況の中で、いつもと違う気持ちで入った。

    今日はスタートの位置の高さがいつもと違って、後ろからボールを配給することを意識していた。もっと自分が良いボールを入れられたら良かったし、逆にボールが入るタイミングで3人目の選手が動き出したりしたりして、より前向きに落として連動性を持つことも大事だった。そういうところを増やせば相手も混乱すると思うので、今後はそういう部分も必要になると思う。

    点が取れないと勝てないし、点を決められたら負ける。そういうスポーツなので、その中で一つ一つ、球際だったり、技術だったり、ハードワークだったり。色々な要素があるが、それを相手より勝ることで得点が生まれて、逆に守るところで守れたりするところにつながると思う。

    アウェイでこれだけ集まってくれて、本当に申し訳ないというか情けないという一言しかない。サポーターはここまで足を運んでくれて、できる限りの応援をして戦ってくれている中で、自分たちがまずピッチで戦わないといけない。そこができていないというのは申し訳ないし、自分たちの責任なのでブーイングが起こって当然だと思う。きっかけは自分たちで作らなければいけないし、自分たちが変わらないと、いつまで経っても変わらない。今日はもう終わってしまったので、次の試合には切り替えて、きっかけの試合になるようにやっていきたい。




    続きを読む
  • 西澤 健太

    タフなゲームになることは試合前から分かっていて、自分たちが上回ろうと思って試合に入ったが、何かが欠けていたからこのような結果になったと思う。自分たちを見つめ直すことが必要。下を向いている暇はないが、もう一度足元を見つめて、次に臨みたい。


    勝てていない分、大胆さだったり、ミスが続いてしまった時に、どうしても顔が下がってしまったり、チャレンジできないという状況になってしまっている。そこは開き直って、自分たちはチャレンジャーだというところをもう一回認識することが必要だと思う。何よりも自分たちがボールを持ってゴールに迫るんだという気持ちを見せていけるようなプレーが必要になる。


    ルヴァンカップもあって過密日程になることは分かっていたので、そこに対する準備はどの選手も分かっているので、何か1つきっかけがあれば変われると思う。それを自分たちでつかみに行きたいし、自分も先頭に立って行けるように。こういう時こそ前を向いていくことが自分の良さだと思うので、率先してやっていきたい。



    続きを読む
  • オ セフン

    一昨日からチームの練習に戻ったばかりだが、体は重くなかったし、良いコンディションでできたと思う。ストライカーとして点を取ることを狙うことは当然として、その中でシュートが打てなかったのは残念に思っている。ただ、短い時間だったが、自分の中でやれることを精一杯やろうと思った。結果は付いてこなかったが、出場時間をもっと伸ばせるようにやっていきたい。


    この結果に対しては残念に思っている。サッカー人生でこのような経験は初めてで、ただこういうことから学べると思うので、これからのサッカー人生つなげられるように、自分の中でもこの難しい状況を乗り越えられるようにしたい。


    結果を出すのも選手たちだし、結果を残していくのも選手たちなので、僕たちがより良いプレーを見せられるようにするし、これからはサポーターの方々にブーイングではなくて歓声をもらえるように頑張りたい。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ゼ リカルド 監督

両チームともチャンスを作ったし、戦いあったゲームだったと思う。今日は前から守備に行かず、ラインが低かったこともあって、立ち上がりは甲府がより我々の陣内でチャンスを作ってきた。それも我々の今日の戦いを考えれば自然なことだと思う。だが、その時間を乗り越えてから、互角の戦いに持っていき、バランスを取ってゲームコントロールすることができていたと思う。だが結果として、こうなってしまった。甲府は4連勝、我々は引き続き重圧を受けている形になったが、この状況から逃げはしない。しっかりと清水エスパルスを本来いる位置に持っていくために戦い続ける。


――今日はメンバーを代えてきたと思うが、狙いは?


今日は守備位置を低くして、相手を引き付けたところから裏のスペースを突いていくという意図があった。それができる速さを持ったカツ(中山克広)、そしてスペースに抜けていく(北川)航也の動きを考えていた。もちろん連戦もあるので、メンバー交代も含めながら全員で戦っていくことが大事だと思った。我々の意図した戦術というのは、上手く流れていた場面も多かったと思う。だが、結果にはつながらなかった。


――フィニッシュの精度を上げていかなければ得点は入らないと思うが、今後どのようにしていくのか?


攻撃に関しては今までも努力を続けてきている。それはシュート数に現れている。ただ、リーグでは1位のシュート数を記録しているが、残念ながらそれがゴール数につながっていない。最終的にゴールに押し込む作業をこれからも続けていかなければいけない。精度を上げるための作業は今までもやってきたし、これからもより精度を上げることを目的に続けてやっていくしかない。それと同様に大事なことは冷静さ。冷静さがなければ、最終的に正しい判断ができない。いま1勝も上げていないということで、重圧はさらに重くのしかかっている。選手たちだけでなく我々にとっても重くのしかかっているが、その中で精度を上げる作業にフォーカスしていきながら、同時に自信を取り戻す、冷静にプレーするための気持ちの面の充実も大事だと思っている。





バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞