MATCH レポート

2023.4.16 SUN 14:03

明治安田生命J2リーグ 第10節 維新みらいふスタジアム

VS レノファ山口FC

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    6
    2 前半 0
    4 後半 0
    0
  • ロゴ:レノファ山口FC

    HOME

15’ 井林 章
19’ 北川 航也
65’ 井林 章
71’ ディサロ 燦シルヴァーノ
85’ チアゴ サンタナ
88’ 中山 克広

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】4月16日 明治安田生命J2リーグ 第10節 vs レノファ山口FC@みらスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「神谷 優太がFKからクロスをPA内に送り、飛び込んだ井林 章が頭で合わせて先制!」4.16 レノファ山口FC @みらスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「オ セフンが前線にパスを送り、反応した北川 航也が流し込んで今季初ゴール!」4.16 レノファ山口FC @みらスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「中山 克広がクロスを上げて、受けたディサロ 燦シルヴァーノのシュートがネットを揺らす!」4.16 レノファ山口FC @みらスタ|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 井林 章

    得点は相手のゾーンがタイトな感じではなかったので、その穴を上手く突けた。また、(神谷)優太が良いボールを蹴ってくれたので、そのおかげだと思う。先制点を奪うということに関しては、監督が口酸っぱく言っていることだったし、セットプレーでなかなか取れていなかったので、それで取れたのが大きかった。2点目の場面は、自分の中であの位置に入る時は球の高さによって逸らすのか、シュートを打つのかを変えている。高いボールであれば枠に飛ばすのが難しいので、後ろの選手たちに託せるような逸し方ができればと考えていたが、低いボールであれば逸らすのは難しくなるので、直接ゴールに行くようなボールを打ちたいなと考えていた。


    個人的に2試合連続ゴールはあったが、1試合で2得点は初めて。どうせなら3点目も取りたかった。中断中にそういう話をみんなでしていて、PKがあったら蹴らしてくれっていう話になっていたので、どうせだったらほしかったと思う。ただ、まずはチームとして得失点をプラスに戻すこと、そしてこれからは勝ち点3をいかに積み上げていくのかというのが大事になる。


    元々、これくらい取れるチームだと思っているし、前節も1点しか取れなかったが、チャンスはあった。早い時間に点を取ること、追加点を気持ちよく取ることができれば、間違いなく相手は後手後手に試合を進めなければいけなくなって、よりリスキーなサッカーになるので、こういう試合になりやすい。このような理想的な試合運びができるということが、チームとして一番の良いサイクルだと思う。





    続きを読む
  • 北川 航也

    ゴールを決めてホッとしている。これまで先制点が取れても、追加点が取れなかったりして勝ち点を落としていることが去年から続いていたので、今日の試合は先制点、さらに追加点が大事だと思っていた。それをチームとして達成することができたのが良かったと思うし、後半に入っても切らさずに取りに行ったのが良い結果につながった。


    今日は2トップを(オ)セフンと組んだが、セフンが深く入ったボールを相手のセンターバックと戦ってくれることによって、自分が動きやすいスペースを作ってくれた。チームのみんなが、出ている選手の特徴を生かして、特徴に合わせたプレーをしてくれているので、得点までは長かったが、また次に生かしていきたい。


    FWとして結果が出ていなかったのは苦しいし、悔しいし、色々なところでネガティブになりがちだが、その状況を変えるのはゴールしか無いと思っていた。それでチームが勝てたことは自分にとって喜ばしい。


    ゴールシーンは、前のスペースに走り込むだけだし、セフンからも良いボールが来た。ゴール前でのGKとの1対1は、2日前にかなり時間を割いてチームとして練習をした成果が出たと思う。練習は嘘をつかないと思っているし、上手くいかなかったとしても続けるだけだと思っていた。


    非常に良い状態でチームは進んでいると思うし、自分も良い状態で来ていると思うので、ここで連勝をしなければ意味がない。次の試合も必ず勝ち点3を取ること。アウェイでの戦いになるが、たくさんのサポーターの方々が来てくれているので、自分たちが主導権を握って自分たちからアクションを起こしてやっていきたい。









    続きを読む
  • 高木 践

    リーグ戦に出るのは、正直びっくりした。でも、選ばれた以上やるしかないと思っていて、チャンスがあればいつでもやってやるぞという気持ちで入った。チームのみんながやれるぞという声をかけてくれたので、少し緊張はしていたが、しっかりと試合に入れたと思う。こんな試合は初めてで、記憶に残るデビュー戦になった。


    個人としては、まだまだ課題はあると思う。パス1つ付けるところもミスが多かったし、ディフェンスのラインコントロールのところで裏も取られた。そこは反省しつつ、次に向けて修正して、まだ試合に絡めるチャンスはあると思うので、出たときにしっかりとチームに貢献できるように頑張りたい。


    意識したのは、途中出場だったので守備から入って、対人のところで負けないこと。またサイドバックなので、攻撃の部分でも参加していきたいと思ったし、チームが複数得点を決めている中で、自分も得点に絡んでいけるような選手になっていきたい。ただ、裏のカバーやヘディングで付けるところはできたと思う。あとは、しっかりとパスを入れたり、一つ一つの強弱をしっかりとしていきたい。





    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

まずは遠い山口の地まで400人以上のエスパルスサポーター・ファミリーが駆けつけてくれたこと。試合が中断しても最後の最後まで我々に熱い声援を送ってくれたし、ともに戦ってくれたということが非常に嬉しかった。その声援に見事に応えた選手たち。集中力とか色々なものが難しい中で、あれだけのたくましさ、タフさを見せてくれた選手たちを誇りに思うし、やはり経験値を持った選手たちだと思う。あとは、なかなか点が取れていなかった中で、ようやく選手たちが持っている本来の力が開放されつつあると思うので、この1試合で終わるのではなく、トレーニングから精進して、もっともっとこういうゲームがたくさんできるようにしていきたい。皆さんは、たくさんのゴールを観に来ていると思うし、清水エスパルスは超攻撃的で、超アグレッシブなチームなので、それをもっと体現できるように気を引き締めてやっていきたい。


――先発を7人入れ替えて、出場機会の少なかった選手が結果を出したがどう評価するか?


いつも言っているが、我々には素晴らしい選手がたくさんいる。その中で正しい競争をさせるためにも、誰がピッチで躍動しているのか。その中で悔しい思いをしていた選手たちが、この山口の地で躍動して結果を出したのが嬉しいし、それと同時に悩みのタネが増えた。それくらい全選手が気持ちを入れて戦ってくれたので、またトレーニングを見て、相手を見て、一番効く選手、調子の良い選手を使っていきたい。このような熾烈な競争はないので、競争をしてもらった中で、メンバーをチョイスできるように頑張っていく。また、今日のゲームをもって、誰が出ても力があるということを証明できたので、相手に脅威を与えられると思っている。我々には2セットくらい強力なタレントがいるので、ぜひこのタレント力を使って、まだまだ続く過密日程を乗り切っていきたい。


――2度の中断があって難しいゲームになったと思うが、その中で声をかけたことは?


まずは1度集中を切って良いよと。メリハリが大事になると思ったし、いつ再開になるか目処が立たない時もあったので、その中でフィジカルコーチや、トレーナーやクラブのスタッフみんなが、もう一度アップから気持ちや体を作ってくれた。ケアして体をほぐすのかということも含めて、寒くならないかとか、色々なことをやってくれたので、スタッフに感謝したい。そこに選手たちがタフさ、たくましさで応えてみせてくれた。自分自身も中断は4回くらい経験したが、2度の中断は初めてだったが、その初めての中でも動じないメンタリティとか、何も相手に起こさせないような強靭さ、タフさ。やはり経験値のある素晴らしい選手たちだと思うし、元々持っている能力みたいなもの、それはフットボールの面だけでなく、人間としての器の大きさも感じるので、ぜひそのまま続けてほしい。









バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞