MATCH レポート

2023.7.29 SAT 18:03

明治安田生命J2リーグ 第28節 IAIスタジアム日本平

15:30開場

VS ファジアーノ岡山

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    1
    0 前半 0
    1 後半 0
    0
  • ロゴ:ファジアーノ岡山

    AWAY

59’ カルリーニョス ジュニオ

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】7月29日 明治安田生命J2リーグ 第28節 vs ファジアーノ岡山 @アイスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「ワンツーからカルリーニョス ジュニオがドリブルでPA内に進入し均衡を破る先制ゴール!」7.29 ファジアーノ岡山 @アイスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「鈴木 唯人のクロスがポストに直撃し、そのこぼれ球に反応した吉田 豊がボレーで叩きつけるがゴールならず」7.29 ファジアーノ岡山 @アイスタ|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 原 輝綺

    前半押し込む時間帯が長かった中で決め切れなかったのが試合を難しくした。後半、個人のところで中央を打開して1点が取れたのは、もちろん個人の力でもあるしチームとしてやっていることでもある。その1本で点を取れたことは大きいが、まだ1点だと難しい試合も増えてくるので今日は守備陣だけではなくて、攻撃陣、中盤を含めて0で抑えられたのは大きかった。


    ただ事故的な失点も含めて、毎試合0で抑えるのは現実的に難しい部分もあるので、もっともっと攻撃のところでクオリティを上げていかなければいけないし、点を取る場面でしっかりと仕留めきれないとこの先どんどんプレッシャーがかかってくる。大事なところで決められるチーム、選手になっていかなければいけない。


    (個人として)コミュニケーションの部分ではやっていたメンバーがあまり変わっていないので、そこは苦労をしていないし、サッカーは違うがアジャストする時間も個人的には短く済んだと思う。監督から与えられているタスクは攻撃の方ではかなり多いが、そこをこなしつつも守備の人間なので、守備のことをしっかりやってからそのタスクをこなせるようになっていかなければいけない。


    後半は勝っていた状況なのでセーブはしていたが、0-0だったり負けている状況であればもっと攻撃に絡んでいかなければいけない。そのときにクオリティを落とさず、どれだけ回数を増やしていけるかが課題になる。




    続きを読む
  • カルリーニョス ジュニオ

    得点シーンは、まずベンジャミン(コロリ)選手とコンビネーションをしようと思っていたが、相手がクリアしたボールが自分のところにこぼれてきた。(鈴木)唯人とワンツーをして、その時にラインブレイクができると思って中央から入った。最後は落ち着いて点を決められて良かったと思う。


    二桁ゴールを決めることができたのは嬉しい。でも得点のところよりもチームが今日の試合で勝てたことが良かった。今日は勝たなければいけない試合だったし、大切な試合だったので自分たちの目標である昇格のために勝利ができて本当に良かった。


    最近、試合を見ていて自分が決めた試合はチームが勝てている。自分がもっともっと成長するために練習から頑張っていきたいし、チームの勝利に貢献できるように得点を決められるように頑張っていきたいと思う。



    続きを読む
  • 白崎 凌兵

    今週の途中からトップ下に入るかもしれないと(監督から)言われた。ボランチとは役割が違うし、でもやるしかないからやろうという感じだった。ボールを受けること、リズムを作ること、ボールを1回キープしながら相手陣地に押し込むというところを意識した。ポケットを取ることも相手を一番深くまで押し込めるし、直接ゴールにつながるプレーではないが、そういうプレーも必要だと思った。


    後半は攻撃時にはインサイドハーフで、守備時はボランチという可変のシステムだった。そこはチームとしてもトライしているところだし、そこで失点をせずにできた。岡山もハードワークをしてくるし守備の堅さは感じたが、あのような形で1点を取れたのはチームとして楽になった。ただ2点目を取れる場面もあったのでそこは決めなければいけなかったと思う。


    1点取ったあと岡山がバタバタしたところがあったが、そこで自分たちがもう1点取れるところを取っていれば完全に終わったし、そこは自分たちがやらなければいけなかった。あとはもう少し自分たちがボールを握って時間を進めることができればより良かったと思う。相手もディフェンスラインはヘディングが強かったり堅い部分もあったが、もう少しチームとして攻略できれば良かった。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

去年、一昨年はドローだったり、負けだったようだが、鹿児島デーはずっと勝率が良かったという話をクラブスタッフから聞いていた。こういう緊迫したどちらに転がるかわからないゲームを勝てたというのは、そういうジンクスがあったのかなと思う。やはりアイスタが、サポーター・ファミリーがこういう空気感で後押しをしてくれるし、我々にパワーとエネルギーを与えてくれる。我々には力強い味方、12番目の選手がいるからこそ、こういう拮抗したゲームをものにできる。スタジアムの空気感と雰囲気に感謝している。


そして応えて見せた選手たち。後半の入りに課題がある中でしっかりと課題をクリアし、ワンプレーの重みでゲームが決まるという話をしていた中で、ワンツーでボックス内に入っていき得点できた。僕にはそれが相手選手の軽いプレーに見えたが、自分たちは守備の部分で隙を見せなかった。我々は最後の最後まで危ないところは後ろを厚くしながら守るとか、粘り強く何度も何度もアタックを繰り返すというところを含めて、粘り強くやってくれた。


これから、残りの試合数が少なくなればなるほど、プレッシャーがかかればかかるほど、一瞬のプレーやワンプレーでゲームが決まる。その中でどれだけ自分たちのフットボールをやりきれるか。こういう緊張感、このプレッシャーを楽しめるかどうか。サポーター・ファミリーとの一体感、全員で昇格するんだという強い思いをホーム・アウェイ問わず、あと14試合やっていきたい。


――乾貴士選手が欠場の中で、白崎凌兵選手をトップ下に入れた狙いは?


単純に他のところが上手く行っている中で大きく変える必要はないと思っていた。そこでプレーできる選手は他に何人か候補がいてトレーニングをしながら一番しっくりきた選手、また次の東京V戦を考えた中で誰が良いのかというのをトータルに考えた中でシラ(白崎)でスタートすることにした。貴士と同じことをやってくれということは全く思っていないので、シラはシラの色を出すこと。それは毎日毎日トレーニングをしているクラブチームだからこそ、選手たちの連携、連動とか特徴を生かすことができたり、誰がどういうポジションに入ったのかでプレーを変えられる。戦術を変えられるということで、点こそ入らなかったがずっと面白い形で動いていた。また違う選手が入るかもしれないが入った選手の特徴が生きるように全員でやっていきたい。


――後半3バックにして、最後まで通した意図は?


単純に上手くいっていたし、中で変えて混乱を起こすよりはある程度上手く行っているのであればコロコロと変える必要がないと思っていた。3になっても4になっても自分たちの特徴が出せるインテリジェンスのある選手たちなので、変えない方がよりスムーズになると判断し最後までプレーした。








バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞