MATCH レポート

2023.9.24 SUN 13:05

明治安田生命J2リーグ 第36節 IAIスタジアム日本平

10:30開場

VS ヴァンフォーレ甲府

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    0
    0 前半 0
    0 後半 0
    0
  • ロゴ:ヴァンフォーレ甲府

    AWAY

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】9月24日 明治安田生命J2リーグ 第36節 vs ヴァンフォーレ甲府 @アイスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「PA中央からの強烈なミドルシュートを守護神権田 修一がしっかり反応し両手で弾き出す」9.24 ヴァンフォーレ甲府 @アイスタ|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 鈴木 義宜

    守備としては結果的にゼロで終えることができたのでそこは継続していきたい。相手の狙いもカウンターだったと思うが、その中でGKと1対1だったり、深いところまで持ち込まれるというよりはミドルシュートが多かった。そこはゴンちゃん(権田修一)を信じてコースだけを切っていた。後半も上手く守れていたし、最後のところで体を張れていたので、そこは継続してやっていきたい。


    前半から相手の背後や、もっと流動的に出して動いてというのをやっていけたら良かったが、それができずに相手のペースになってしまった。後半は押し込む時間は長くなったと思うが、そこからどう点を取るのか、最後の崩しをもっともっとみんなで共有しないといけない。停滞気味のときはもっと思い切りの良いプレーも大事になってくると思うので、そこをやっていければ良いと思う。


    続きを読む
  • 原 輝綺

    前半を見れば勝ち点1をよく拾えたなという試合だったし、後半を見れば勝ち点1しか拾えなかったというような、内容がはっきりと分かれる前後半だった。前半は難しい展開をしっかりゼロで抑えつつ、後半自分たちのペースに持っていくまでは難しい相手に対してはプラン通りではないが、否定するような内容ではないと思う。ただ勝ち点3を取りたかったのは正直な気持ち。


    前半、みんな足元になって背後がなくなってしまい、相手も背後を気にせず前だけ潰せば良いという状況だったので楽だったと思う。相手の狙いに自分たちがハマりに行っていた。後半はシステムもあるが、まずは背後から入っているので、押し込んだ状態からボールを持っていた。あれが一番楽な状況なので、その使い分けを前半からしていきたい。前半は距離感も良くなかったので、出すところもいつもより極端に少なかった。久しぶりに出すところがないなと個人的には感じていた。全部が全部、上手くいくわけではなく、こんな試合もある。前半ゼロに押さえて後半良い内容でサッカーができたのは最低限だったと思う。


    この勝ち点1はかなり痛いが、負けていないし、最低限の1は拾えている。この1をどう生かすかが大事になってくる。残りの試合、みんなが感じたことがないようなプレッシャーがかかってくると思うので、そこでビビらず助け合いながらやっていきたい。一人でもビビって隠れたり、ボールを受けたくないという選手が出てくると、このサッカーは成り立たないので、緊張感を持ちつつも楽しく助け合いながら残りの試合を頑張りたい。



    続きを読む
  • 山原 怜音

    前半のうちに改善して、もっと前に運べる機会が増えたら良かったと思う。後半はシステムを変えてボールが上手く動いて前に行く回数は増えた。それはハーフタイムで修正できるというチーム力だと思う。そのハーフタイムには選手からも監督からも背後を増やそうというのがあった。


    個人的には課題の方が多い試合だったと思うが、守備では鈴木(義宜)選手や高橋(祐治)選手を中心に守れていると思う。決して危ないシーンがないというわけではないが、最後の局面で体を張ることができているので失点していないと思う。失点しない限り負けることはないのでそこは認識している。


    14試合負け無しは続いているが、14連勝の方がもちろん良い。残り6試合は6連勝できるように。ただ先を見すぎず、1試合1試合、目の前の試合に向けてやっていきたい。

    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

まずは多くのサポーター・ファミリーが来てくれている中で勝ち点1しか取れなかったのは、我々が目指しているものではなかった失った時間は返ってこないのでどう捉えるのかが大事になる。あと6試合シビれるゲームが待っている中で、指揮官が四の五の言っている場合ではない。あのしぶとさ、手堅さみたいなもの、全員が最後の最後までハードワークをするからこそゼロに抑えたという良さを見ながら、あとは最後にどうこじ開けるのか。それが個の力なのかコンビネーションなのか、泥臭さなのか強引さなのか。それともちょっとしたアイデアなのかクオリティなのか。いつもより1日短いが、しっかりとしたものを全員で準備していきたい。ここから藤枝、磐田と静岡三国決戦が待っている。順位は関係なく、クラブ、サポーター・ファミリーのプライドと意地のぶつかりあいのゲームが待っている。一刻も早く顔を上げて、もう一度強靭でタフなメンタリティで1週間を過ごし、我々のサポーター・ファミリー、彼ら彼女らとともに勝ち点3を目指したい。


――攻撃の部分でイメージしていたものと表現できなかったものは?


デーゲームになったなと。芝生が乾くのが早かったという印象と、思ったよりも前半の向かい風で背後が取れず差し込まれてしまった。ボールを持った中で背後に走ってほしかったが、向かい風の影響なのか何なのかは映像を見返さなければいけないが、もう少しシンプルに背後を取って、相手を後ろ向きにしてから入っていく回数が増えると、もっともっと相手は嫌がったと思う。前半、相手の最終ラインが後ろ向きで走ることはほとんどなかったので、そこがもったいなかった。後半、追い風を利用しながら入っていこうとしたところは素晴らしかった、ただミドルシュートを含めて、もう少し低いシュートを打っても良かったのかなと。もう少し何が何でもゴールをこじ開けるんだと泥臭く色々なバリエーションで点を取れるようにやりたい。


――拮抗した試合でも大胆なカードを切ったのは?


13時開始で今までより日差しのある暑さの中で、疲れが見えているなと。いつもは見られないようなイージーなミスが見えた。それであれば我々には素晴らしい選手層を誇っているし自信を持ってピッチに出せるだけの準備をしてくれている選手がいるので、何の迷いもなく代えた。





バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞