清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【キャンプレポート】7/1(日) 練習レポート

【キャンプレポート】7/1(日) 練習レポート
©S-PULSE
キャンプ4日目の今日7月1日は、日曜日ということもあり、大勢の方々に見守られての練習となった。

まずは体を軽く動かしてからサーキットトレーニング。バーベルを担いでスクワット、バランスボール、またはマットの上で体幹の強化、さらにメディシンボールを使っての腹筋など、全7種目をテキパキとこなして、ボールを使ったトレーニングへ。2人組になってパス交換、1対1などに取り組むと、全体練習に入る。

最初は、相手ディフェンダーに見立てたダミー人形の前でボールを受ける、パスワークの練習。「もっとパススピードを上げよう!」「もっと正確につなごう!」とコーチの声が飛ぶなか、テンポよくボールは回るようになった。それでも、今度はヤン ヨンソン監督が「相手ディフェンスを外す動きを意識して!」と注文。パスをもらう前の受け手の動き、そして出し手と呼吸を合わせながらパスを繋ぐ練習を続けた。

ここまでで約1時間が経過。今日の全体練習は2時間で終了となったが、残りの1時間はみっちりとフォーメーション練習に充てている。守備側のGKのロングキックから、組み立てをスタート。攻撃側のGKからボールを受けたセンターバックが、ボランチへ。ボランチがサイドバックに落として、縦に展開する。詰まったら、戻して今度は逆サイドに振るなど、様々なバリエーションでボールを運ぶ。これはある程度監督が形を指示しているものだが、

「ボランチも使っても良いし、飛ばしてフォワードに当てても良い」

というように、常に選択肢を複数与えながら選手たちに状況判断をさせていた。

自陣で手数をかけてボールを動かしながら、時おり大きな展開を入れて相手を揺さぶる。遅攻は、前半戦で何度も試みながら、なかなかチャンスを生み出すことができなかった攻撃パターンだ。この練習では、相手ディフェンスがゴール前の4人しかいない状況のため、このままの攻撃が通用するわけでない。しかし、選手たちにある程度の意識付けをすることで、ゴールへの共通意識を持つことになっただろう。

最後は、

「シュートを決めて終わろう」

と監督から声が飛ぶなか、右サイドに入った清水航平のボールに、金子翔太が左足でミドルシュートを豪快に叩き込み、良いイメージで練習を終えることとなった。この日の練習はなるべく体に負荷がかからないようなメニューとなっていたが、状況判断など「頭」に負荷がかかる練習となった。

※その他写真は、ページ最下部をご覧ください。

・【キャンプレポート】7/1(日) 練習レポート
・【キャンプレポート】7/1(日) 選手コメント

========================================
公式モバイルサイトでは、キャンプ期間中、オリジナルコンテンツを続々配信中!!
エスパルスのキャンプ情報はモバイルサイトでお楽しみください♪


【キャンプコンテンツ】

御殿場日記
三保日記の御殿場篇。選手達の素顔に迫ります!
エスパルグラム
写メはもう古い!?ということで名前も一新!若手選手達がキャンプ中のオフショット写真を激写しまくり!

●【PCで閲覧の方』
エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら


●【スマホで閲覧の方』
2018御殿場キャンプ特集モバイルサイトはこちら


●【ガラケーで閲覧の方』
2018鹿御殿場キャンプ特集モバイルサイトはこちら

========================================
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース