CLUB 目標

目標

2023年度エスパルスが取り組む優先SDGsそれぞれの目標は以下の通りです。
また、7つの優先SDGsそれぞれで取り組む内容を明記しています。
7つの優先SDGs以外のSDGsにも積極的に取り組んで参ります。

ゴール 主な取り組み 2023年度目標
サッカースクール運営、
各種サッカー・運動教室開催、生涯スポーツ普及推進、
スポーツ巡回教室の実施等
  • 生涯スポーツの更なる普及推進を目指し、シニア向けプログラムを年50回、未就園児童プログラムを年10回実施します。
  • スポーツ巡回教室(保育園・幼稚園・こども園訪問)を、県内300園を目標に実施します。
  • 未就学児~小学生を対象とした親子運動教室を年15回以上開催します。
  • 成人向けの健康プログラムを新規で開発します。
  • 運営するサッカースクールにおける満足度向上に取り組みます。
  • ホームゲームイベントにて健康啓発に繋がる企画を実施します。
  • 社員のワークライフバランス充実と家族環境の変化に備え、社内規定の見直しを図ります。
選手学校訪問、
選手・スタッフによるキャリア教育・各種講演(ドリーム教室/エスプラス)、
スクール指導者派遣等
  • 選手による学校訪問、クラブスタッフによる講話やサッカー指導者派遣を継続的に実施します。
  • キャリア教育授業(エスプラス、その他授業)を県内25校以上にて実施し、対象学年の幅を広げて展開します。
  • ICTを活用した授業や、情報モラルに関する講習を展開します。
  • 地域の学生とコラボした企画を継続的に実施します。
  • 県内3市にて、SDGsに関する下敷きを作成し、小学生へ配布します。
  • 社員向けの教育機会の創出のため、デジタル・経理研修等を定期的に開催します。
女性コーチの採用、
女子サッカーの環境整備および普及促進、
育児・介護規定の整備、
エスパルスダンススクール・オレンジウェーブの運営、
ホワイトリボンランへの協賛等
  • 女性コーチによる女子サッカー普及イベント「なでしこひろば」を10回開催します。
  • オフィシャルチアリーダー オレンジウェーブの活躍を推進し、スタジアムやイベントにて活動の幅を広げます。
  • ダンススクールのさらなるプログラム充実を図ります。
  • ホワイトリボンランをサポートします。
  • LGBTQ理解促進に関する企画を実施します。
各種ホームタウン活動の実施(シャレン防災、PULCLE、ベビースタイ・下敷き配布、
地域交流応援シート、地域イベントや広報活動への選手・マスコット派遣、
パブリックビューイング開催等)
  • ベビーからシニアまで、全年代を通じクラブと繋がりを持てる取り組みを実施します。
  • 静岡市シェアサイクル事業PULCLEの広報活動を継続的に実施します。
  • ソナエル東海をはじめとした防災関連事業の拡充を目指します。また地域の防災への取り組みに協力します。
  • 地域産業(徳川家康公、歴史文化のまち等)のプロモーションに協力します。
  • 地域の高校・大学と連携しホームゲームイベントや社会連携活動を実施します。
  • 県内の学生を対象に招待事業を実施し、プロスポーツに触れる機会を創出します。
  • アカデミー選手が積極的にボランティア活動に参加します。
  • IAIスタジアム日本平が地域の交流の場となるような活動を推進します。
エスパルスエコチャレンジの実施(カーボンオフセット、校庭芝生化、
紙コップ回収、行政と連携したCOOL CHOICE啓発活動、エコキャップ運動等)
  • 2030年ゼロカーボンロードマップを実行します。
  • ゼロカーボンプロスポーツクラブ宣言における4つのチャレンジを実行します。
  • 県内6クラブ連携 脱炭素ネットワークの活動を推進します。
  • 三保松原保全プログラムをを新たに実施します。
  • COOL CHOICE啓発、校庭芝生化の継続、新たな環境プログラムを開発・実施します。
  • ホームゲームにてファン・サポーターへの環境啓発(フードドライブ等)を実施し、試合会場へのエコ来場を促します。
  • サステナブルグッズの企画販売を行います。
  • 社内デジタル化推進によるペーパレスを図り、社有車のECOカー切替(2台)を目指します。
  • 試合会場でのゴミの分別、練習場やSDFでのエコキャップ回収を継続的に実施します。
  • 地域の清掃活動に積極的に参加します。
  • アカデミー練習環境の暑熱対策に取り組みます。
エスパルス福祉基金の実施、
行政と連携した人権啓発活動・オレンジリボン運動の実施、
障がい者サッカー教室開催等
  • 行政と連携し人権啓発活動を継続して実施します。
  • 心の病と向き合う方を対象としたイベントを実施し、活動の拡充を図ります。
  • 障がい者サッカー教室をクラブで主催、またコーチを派遣し、新たにパラスポーツの体験会を行います。(計50回目標)
  • 福祉関連イベントに選手やスタッフが参加します。
  • 障がい者にやさしいスタジアム運営を推進します。
  • 職場環境についてスタッフへのヒアリングを実施します。
行政、パートナー企業、団体、教育機関等、地域の皆様と連携したプログラムを実施
  • Jリーグ社会連携活動(シャレン!)を積極的に推進し、行政、パートナー企業、団体、教育機関等、ホームタウン静岡市やファミリータウンをはじめとした地域の皆様と協働しSDGs推進に取り組みます。
  • ホームゲームにてSDGsをテーマとしたイベントを実施します。
  • 海外におけるSDGs活動を継続実施します。