MATCH レポート

2021.4.7 WED 19:02

明治安田生命J1リーグ 第8節 IAIスタジアム日本平

VS 浦和レッズ

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    0
    0 前半 1
    0 後半 1
    2
  • ロゴ:浦和レッズ

    AWAY

40’ 岩波 拓也
90’ 杉本 健勇

ハイライト動画

【ピックアップクリップ】「中山が持ち前のスピードを発揮し、相手DFをかわして右足シュート。ボールは飛びついたGKの横を抜け、、、!!」4.7 浦和レッズ @アイスタ
【ピックアップクリップ】「後藤とのワンツーから鈴木唯人が強烈なミドル。右足から放たれたボールは相手GKの好守に阻まれた!!」4.7 浦和レッズ @アイスタ
【DAZN J.LEAGUE ハイライト】4月7日 明治安田生命J1リーグ 第8節 vs 浦和レッズ @アイスタ
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 奥井 諒

    自分たちがどうやって相手を動かすのかというところが課題になった。失点が続いているので守備がフォーカスされがちだが、個人の意見として言うと、今はどうやってボールを動かすのかだったり、アタッキングサードに入った時にどう相手ゴールに迫っていくのかというところの方が重要だと思う。


    あとは特に0-0の時間帯で、前からのプレッシャーが上手くはまる回数が少ない。相手が2回くらいミスをして引っ掛けるチャンスがあったので、その回数を増やさないと相手は余裕が出てくる。前からのプレッシャーのかけ方もポイントになる。


    振り返ると相手に決定機を作らせなかったと思うが、自分たちも決定機を作ることができなかった。加えてボールを握る時間が相手の方が長かったという印象。だが、(相手の)シュートが2本というのであれば、相手がアタッキングエリアに入ってきた時の守備のスライドや、組織的に守るということは意識してできていると思う。前からのプレッシングや、アタッキングサードでの攻撃の関わり、思い切りの良さがもう少し出てきたらと思う。



    続きを読む
  • 中山 克広

    ビルドアップのところでボールが持てなかったのが苦しかったが、逆に守備に関してはセットプレーでやられてしまったものの、あまり怖さを感じなかった。そこはみんなで統一してやれていた印象がある。あとは、攻撃に厚みをかけた時間帯での失点を抑えたら、もう少し良い内容になると思う。


    (攻撃では)シュートが少ないというところと、サイドであれば簡単にクロスを上げるということがあまりできていない。選手同士でも話していたが、アーリークロスを増やしていけば、相手の立ち位置も変わって、もっと攻めやすくなると思うので、そこはもっとやっていくべきだった。


    相手の切り替えの早さもあったが、自分たちの攻撃の遅さも目立った。もう少し早く攻撃できる部分でもテンポアップできなかったので、そこをひっくり返していけば、何回か裏に抜けるチャンスはあった。どうしても後ろでボールを回すばかりになって、縦に行くスピードがなくなってしまったので、そこを増やして攻撃のバリエーションを増やしたい。




    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ロティーナ 監督

前半は拮抗した内容だったと思う。おそらく浦和の方が少しボールを支配して、攻める時間が多かったと思う。そのなかでもチャンスをほとんど作らせず、良いディフェンスをしていたが、痛かったのはコーナーキックで点を取られたこと。後半ビルドアップの部分を修正して、よりスムーズに相手陣内に入って、チャンスを作ることができていた。そのなかで彼らにほとんどチャンスを与えなかったと思う。あとは決めきるだけだったが決めきれず、選手を交代してリスクを冒して攻めるところで、彼らに2点目を決められた。特に後半は良いプレーができてチャンスを作れていたと思うし、結果は良くなかったが、しっかりと戦うことができた試合だった。


――前節「プレスを明確にする」という話をしていたが、どのようなプランで臨んだか?


前節は(プレスが)不明確なところがあって、相手にスペースを与えてしまったが、今節はよりコンパクトにして行くべきところ、行かないところ、というチームとしての連動ができていたと思う。中盤のゾーンでボールを奪う回数も多かったし、その部分では良い道のりを歩んでいると思っているので、これを続けていきたい。


――1点目のコーナーキックについてどう振り返るか?


映像で見る必要があると思うが、ゾーンディフェンスで、ゴールエリアの中で簡単に打たれるということはあってはならない。なぜスペースが生まれたのかというのは見直していきたいと思う。


――攻撃面で2試合連続得点がないが、改善点はどこにあるか?


もちろん、フォワードの選手、前の選手が決めることが重要だが、彼らだけの責任ではなくて、彼らによりクリーンなボールを届けていくというのが重要だと思う。その部分は徳島戦ではほとんどできていなかったが、今節はできるようになっている。それを続けて、成長していきたいと思う。







バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞