MATCH レポート

2023.10.7 SAT 14:03

明治安田生命J2リーグ 第38節 IAIスタジアム日本平

11:30開場

VS ジュビロ磐田

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    1
    1 前半 0
    0 後半 0
    0
  • ロゴ:ジュビロ磐田

    AWAY

41’ 乾 貴士

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】10月7日 明治安田生命J2リーグ 第38節 vs ジュビロ磐田 @アイスタ|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「乾 貴士のミドルシュートが相手DFに当たりながらもゴールに吸い込まれ、静岡ダービーで貴重な先制点!」10.7 ジュビロ磐田 @アイスタ|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 乾 貴士

    とにかく勝って良かった。ゴールに関しては誰のゴールでも良かったので、それがたまたま自分だったというだけ。ゴールシーンはどういう形か覚えていないが、とにかくこぼれてきてダイレクトで打ちやすいようなボールだったので、思い切って打ってみた。ここ最近、自分の中でもその意識が少なかったので打ってみようという感じだった。


    磐田はカウンターを狙っているので、真ん中で自分たちが悪い取られ方をするとカウンターは鋭く、特にジャーメイン(良)選手が思っていた以上に速かったのでそこは厄介だったが後ろの選手が粘り強く守ってくれた。


    終盤はもう耐えるしかないという感じだった。耐えるぞというのはみんな思っていたし、そういう声もかかっていた。カウンターに行ける感じでもなかったので、そこは難しかったが、とにかく耐えることができた。


    この1勝は大きいが、あと4試合が全て。4試合が終わってその時に昇格していないと意味がないので、この2位以上を譲らないためにあと4試合を4連勝で終わりたいと思う。




    続きを読む
  • 鈴木 義宜

    キーマンであるジャーメイン選手と自分たちがやり合うというのは分かっていたし、相手の攻撃も自分たちの左、相手の右サイドから攻撃してくることが多いのは分かっていた。それは後半もそうだが、そこで対応が多くなることは分かっていたので結果的にゼロで抑えられたのは良かったが、1本股を抜かれてやられてしまったので、そこはもっともっと自分自身もレベルを上げていきたいと思う。


    チームとしてもっとボールを握って相手が前に出てくるところで、背後を突いたり上手いゲーム運びを理想にしなければいけない。ただ三国決戦というプレッシャーだったり、雰囲気だったり、自分たちも3枚にしたというのもあって、セットプレーも増えてしまったのかなと思う。後半セットプレーが続いた中で、しぶとくみんなが体を張ってゼロに抑えたので、これをベースにどの試合でもやらなければいけない。しぶとく守れることを証明できたと思うので残り4試合もやっていきたい。休みを挟んでもう一度気を引き締めて、もっともっとチームとして良いものを築き上げていきたい。


    続きを読む
  • ホナウド

    前半はボールを支配できたし、自分たちがゲームをコントロールしていたと思う。個人としては攻撃だけではなく、守備でもチームのために貢献したいと思っていたし、攻撃に関しては自分はボランチなので2列目から走っていけば相手はマークしづらいのでもっともっとチームのために貢献したいと思っている。


    最後まで走ろうという意識はあったし、監督もロッカーで倒れるまで走れと言っていた。静岡三国決戦だったし、気持ちが入ってチームのために貢献できて良かった。最後は相手が攻めてきて、逆に自分たちがボールを奪った瞬間にボールを持って、できるだけ時間をコントロールするという意味で前に行こうとしていた。


    今日だけではなくて、ずっとサポーターの方々が自分たちの応援、後押しをしてくれているので、今日も力になったし残り4試合サポーターとともに戦って昇格してきたいと思う。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

静岡三国決戦の素晴らしさ、怖さ、このエキサイティングなスタジアムの雰囲気を含めて、勝利で終えることができて最高だと思っている。そこには清水エスパルスを愛するサポーター・ファミリーがこれだけ集まってくれ、大歓声で我々とともに戦ってくれる。だからこそサポーターの方に向かって攻めたボールが相手に当たってゴールに入る。本当に素晴らしいゴールだった。後半は最後の最後まであの声援を背中に体を張り続けた。何度も何度も際どいシーンや押し込まれることもあったが、全員で最後の最後まで走って体を張り続け、しっかりと結果を出して見せた。このひりついた緊迫感のあるゲームをしっかりとものにする、そのしたたかさ、我慢強さ、勝負強さを含めてタフで頼もしい選手たちだと思う。ただ、まだ我々は何も勝ち取っていない。この1勝の重みをより大きなものにするためにも、(乾)貴士が言ったように、ここから一切譲るつもりもない。この順位以上をキープして必ず昇格する。ここから2週間空くので、この間の過ごし方が大事になる。全員でまたしっかりと過ごして、あと4つ駆け抜けて最後の最後みんなで笑えるようにやっていきたい。


――終盤押し込まれる展開になったのは想定内か、上手くいかなかったのか?


(後半は)最初4バックで入りたいと選手が言っていたので、後半の頭は4バックで行ったが、やはり我々が気になっているところでフィニッシュまで行かれた。そこで3バックにして、しっかりと手堅くした中でカウンターで仕留めようという話をしていた。勝っているチームが押し込まれるのは世の常。我々が勝っている状態でずっと押し込めるほど甘くないし、そんなに勝負は甘くない。予定通りというか、こういう展開になるだろうと思っていた。守り切るのではなくてカウンターで仕留める、追加点を取るという話をしていた。相手が差し込んできたり、隙を見せたところでカウンターなのかセットプレーなのか追加点を取るという話をしていて、そこに宿題は残ったが最後の最後まで体を張って見せた。最後は理屈ではない。特にコーナーキックから掻き出すところは理屈ではない。ボードで動かすものでもないので、このエンブレムを背負って立った選手たち、特にアカデミーの(宮本)航汰、(西澤)健太は最後まで体を張っていた。このエンブレムを背負って立つ全ての選手が、あの気迫、執念、執着でゴールを割らせなかったと思っている。サポーター・ファミリーを含めて残り4試合このメンタリティを忘れずにやっていきたいと思う。



バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞