清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

【イベントレポート】『エスパルス エコチャレンジ"しずおか校庭芝生化応援団"』芝生ポット苗づくりイベント2019

【イベントレポート】『エスパルス エコチャレンジ"しずおか校庭芝生化応援団"』芝生ポット苗づくりイベント2019
©S-PULSE

4月13日(土)、エスパルス三保グラウンド横のエスパルスドリームガーデンにて、2019年度の芝生化に必要なポット苗を作るイベントが行なわれました。

当日は、この取り組みを支援するため結成された『しずおか校庭芝生化応援団』の企業・団体の皆さんとボランティアさんの計約80名が集まりました。エスパルスサッカースクールSS富士チームの練習グラウンドもこのポット苗を利用して補修するため、同選手・スタッフ約21名も参加しました。また、静岡ダービーを翌日に控えるなか、西澤健太選手と梅田透吾選手も作業を手伝いました。

『ポット苗』とは、エスパルスの選手が日ごろ練習で使用している三保グラウンドの整備作業(コアリングまたはエアーレーションとも言う)の際に、抜き取られる小さな芝生の株と土を専用のシートに植えて作るもの。このポット苗を利用しての芝生化は、従来の方式よりも比較的安価で簡単にできるというメリットがあり、『しずおか校庭芝生化応援団』ではこれまでに延べ57ヵ所のグラウンド芝生化を達成しました。

当日は快晴に恵まれ汗ばむ陽気の中、ポット苗作づくりはいくつかのグループに分かれて行ない、約1時間半かけて今年度の芝生化に必要なポット苗40,000個(約10,000㎡分)が完成しました。

このポット苗は5月下旬までこの場所で育生します。その後、芝生化を目指す各施設の土のグラウンドに植付けを行ないます。植付けから約1ヶ月でしっかりと根を張り、8月下旬には緑できれいな芝生のグラウンドが完成します!

当日ご参加いただいた皆さま、関係者の皆さま、お疲れ様でした。ありがとうございました。
三保グラウンドに練習見学に訪れるお客様は、ポット苗の生育する姿を気にかけてあげてください。

>>>このイベントの模様は、Orange-TV.jpでも放映予定です。是非、ご覧ください!!

<しずおか校庭芝生化応援団>
静岡県地球温暖化防止活動推進センター(事務局)、NPOグラウンドキーパーズ、㈱エンチョー、㈱静鉄ストア
鈴与グループ、静清信用金庫、損保ジャパン日本興亜㈱、静岡環境キャラバン隊、清水エスパルス

専用のシートに砂を盛り、指で穴をあけ、株を植えていきます
専用のシートに砂を盛り、指で穴をあけ、株を植えていきます ©S-PULSE
ポット苗づくりに参加した西澤健太選手
ポット苗づくりに参加した西澤健太選手 ©S-PULSE
参加者に交じって笑顔の梅田透吾選手
参加者に交じって笑顔の梅田透吾選手 ©S-PULSE
小さなお子様たちも頑張ってくれました
小さなお子様たちも頑張ってくれました ©S-PULSE
エスパルスSS富士の選手・スタッフも作業に参加
エスパルスSS富士の選手・スタッフも作業に参加 ©S-PULSE
通りかかったヨンソン監督が参加者を激励
通りかかったヨンソン監督が参加者を激励 ©S-PULSE
ポット苗を運ぶ梅田透吾選手
ポット苗を運ぶ梅田透吾選手 ©S-PULSE
作業終盤に苦しそうな表情を見せる西澤健太選手
作業終盤に苦しそうな表情を見せる西澤健太選手 ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース