NEWSニュース

【イベントレポート】 川本梨誉選手が「静岡 人権週間フェスティバル」に参加

©︎︎︎S-PULSE

11月22日(日) エスパルスドリームプラザにて行われた『静岡 人権週間フェスティバル』にエスパルスの川本梨誉選手が参加しました。

日本では毎年12月4日~10日を「人権週間」と定め、全国各地で各種イベントを行っています。特に今年は新型コロナウイルスの世界的な流行で、感染者や医療関係者、そしてその家族に対する偏見や差別が社会問題にも発展しています。

エスパルスは静岡地域人権啓発活動ネットワーク協議会と連携し、「みんなで人権サポーターになろう」を合言葉に人権尊重思想の普及活動を行っており、本イベントはその一環として、感染予防対策を講じながら開催いたしました。

イベントのオープニングは、オレンジウェーブガールズによるダンスショー。元気いっぱい、笑顔あふれるダンスを披露し、会場を盛り上げてくれました。

川本選手は「一日人権擁護委員」に任命され、人権イメージキャラクターの人KENまもる君、人KENあゆみちゃんと一緒に、人権の大切さを伝えました。
トークショーでは、どのようにチームワークを築いていますかという質問に、川本選手は「まず相手を思いやり、知ろうすることを心掛けています。自分の意見を相手にきちんと伝えることも大切にしています。」と答えてくれました。また、ジュニアユース時代になかなか良いプレーができず悩んでいた時に、岩下潤監督(現ユース監督)より「努力し続ければ変わる」と何度も励まされ、負けず嫌いの気持ちで頑張ることができたといったエピソードも話してくれました。
そして最後に、川本選手のサイン入りグッズが当たる抽選会を行い、イベントは終了しました。

静岡地域人権啓発活動ネットワーク協議会の皆様、関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース