NEWSニュース

【イベントレポート】12月8日(火) 静岡市立美和小学校にて『エスプラス ~理科編~』を開催、川本梨誉選手が参加

画像 ©︎︎︎S-PULSE

12月8日(火)、静岡市立美和小学校にて行われた『エスプラス』にエスパルスの川本梨誉選手が参加しました。

『エスプラス』は、エスパルスの選手・スタッフ・クラブ職員がゲスト講師となり、静岡市内の小学校を訪問し児童と共に学ぶ‘ホームタウン次世代育成プロジェクト’。2019年まで「エスパルスドリーム教室」として実施していた事業を、今年度より「エスパルス」に様々なものを「プラス」して新たな授業を行う「エスプラス」としてブラッシュアップし、地元企業を講師に迎える授業も展開しております。

今回は、同校の4~6年生45名を対象に選手参加型授業 ~理科編~「サッカーで学ぶ人の体のつくりと運動」の授業を実施しました。

授業では、川本選手がシュートする時の体の動きをスローカメラで観察し、関節と筋肉の働きを考えました。人の体には筋肉が約600個もあると話すと、児童たちは驚いた様子でした。また、サッカーで大事な体幹トレーニングにも挑戦してもらい、川本選手がポイントを説明しながら楽しく知識を深めていきました。

最後に川本選手は児童たちに「日常生活においても、今日学んだ関節や筋肉など、体のつくりを理解することはとても大切です。体の中心である体幹を鍛えることで、重い荷物も持てます。今日学んだことを活かして、怪我を予防したり、スポーツをしている人はスムーズな動きができる体づくり目指してください。」とメッセージを送りました。

静岡市立美和小学校4~6年生の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

エスプラスについては こちら


■エスプラスパートナー
      




画像 ©︎︎︎S-PULSE

画像 ©︎︎︎S-PULSE

画像 ©︎︎︎S-PULSE

画像 ©︎︎︎S-PULSE

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース