NEWSニュース

【イベントレポート】3月3日(木)三島市立西小学校にて、アカデミースタッフ 関谷洋平がキャリア教育授業を実施

今回の授業は、ファミリータウン三島市にて、三島市立西小学校6年生を対象に、エスパルスU-12三島 U-12監督の関谷洋平が講師となり、「キャリア教育授業 サッカーコーチ編」を行いました。

今回の授業は、感染症対策のため会議室と各教室をオンラインで繋ぐかたちで行われました。


はじめに、エスパルスについての紹介や三島市とのファミリータウンパートナーシップ協定についての説明を行ってから授業はスタートしました。

授業の中で、関谷からは「コーチの仕事に就いたきっかけ」、「この仕事のやりがい」、「仕事をしていく上で大切なこと」を説明していきました。

コーチの仕事の説明では、「トレーニングメニューの作成」や「1か月のスケジューリング」、「選手の目標設定」、「トレーニングや試合の振り返り」など、コーチが行う仕事の多さに子どもたちは驚いた様子でした。

また、「仕事をしていく上で大切なこと」について関谷からは、常に成長したいと思う「向上心」、分からないことや困ったときに自分で解決する「問題解決力」、自分のことだけでなく相手のことを考え、理解する「思いやりの心」、周りのサポートや環境に対する「感謝の心」の4つを挙げ、オンラインの画面越しではありましたが、関谷からの言葉に子どもたちは熱心に耳を傾けていました。

授業の最後には、「自分は『サッカー』と出会い、『サッカー』を通じて色々なことを学び、『サッカー』を通して成長させてもらいました。みなさんもこの『 』に入る言葉が見つかるように、色々な経験をしてください」とメッセージを送りました。

三島市立西小学校のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。


ニュース一覧

あなたにオススメのニュース