NEWSニュース

【イベントレポート】1月17日(日)『静岡市こどもクリエイティブタウンま・あ・る 8周年特別講座』に広報部 高木純平が講師として参加

©︎︎︎S-PULSE

1月17日(日)、静岡市こどもクリエイティブタウンま・あ・る(静岡市清水区)にて行われた『8周年特別講座』に、株式会社エスパルス広報部の高木純平が、講師として参加しました。


今回は小学生32名、大人8名の計40名を対象に「清水エスパルスOB選手に学ぶ『プロサッカー選手のおしごと』とは?」をテーマに講演を、またオンライン講座として「清水エスパルスOB選手によるトークセッション」を行いました。


講演では、4チームでプレーした経歴やゴールシーンの映像を交えながら自己紹介し、プロサッカー選手という仕事や職業観について話題を進めていきました。


試合でピッチに立てるのは11名のみ、出られない時間をどう考えるか。何事もポジティブに解釈することの大切さを、学校のテストや自身のプロ生活を例に話しました。そして、他人ではなく自分に原因を求めることで成長するので、友達と喧嘩してしまった時も自分の何が悪かったかをまずは考えてみようと、小学生にも分かりやすく伝えました。


また、サッカーではよく「もってる・もってない」といった話題が出ますが、その差は生活の中の小さな積み重ねにあり、努力しているほうにボールは転がってくるのではないでしょうかと自身の考えを述べました。


質問コーナーでは、「好きなサッカー選手はいますか?」「ミッドフィルダーで大切なことは?」「これまで一緒にプレーして特に印象に残っている選手は?」「得意な技(プレー)はなんですか?」「現役時代リフティングは何回できたか?」などといった質問に答えていきました。


そしてサッカーをしている子どもたちへ、「思った場所にボールを止めること、蹴れることが一番大事」「頭をつかって、考えながら練習すること。考える力をつけるために勉強も大切」とメッセージを送りました。


最後にエスパルスグッズが当たるじゃんけん大会を行い、勝ち抜いた子はとても嬉しそうに賞品を受け取っていました。また、たくさんのエスパルスウェアやグッズを身につけて参加いただいた方の中から、本日のコスチューム大賞を高木から発表し、グッズを贈呈しました。


オンライン講座では、サッカーをしている小学生からの質問に答えました。「試合で後半疲れてしまうのですが、どのような練習をすればよいですか?」「右利きなのですが、左足も上手くなりたいです。」「試合に出られない時はどのようにしたらよいですか?」などといった質問に、対話形式で高木の経験を丁寧に伝えました。


参加者の方からは、「サッカーの楽しさがわかった。」「もっとエスパルスを応援したくなった。」「今の自分に必要なことを教えてくれて嬉しかった。」といった感想をいただきました。


参加者の皆様、ま・あ・る関係者の皆様、ありがとうございました。 


©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース