NEWSニュース

【イベントレポート】3/12C大阪戦「サッカースクールパークxソナエル東海 ディフェンス・アクション」を開催

3月12日(土)セレッソ大阪戦の試合前イベントとして、場外フードコートイベントスペースにて「サッカースクールパーク×ソナエル東海 ディフェンス・アクション」を実施しました。


本企画は、「備えるを、楽しもう」のコンセプトのもと、ご来場いただいたファン・サポーターに対して、エスパルスを通じて防災のアクティビティの場や機会を提供することにより、地域の防災啓発を行い、地域の災害対応力を高めることを目的としています。


イベント会場には、津波や大雨による水害に関する知識を学べる「防災キックターゲット」、災害時に必要となる備蓄品を覚えることができる「パス・ストック」、災害時の初期行動を学べる「ファースト・アクション」、ライフライン停止時に必要なものを学べる「DASH THE STOCK」の4種目が用意され、親子連れを中心に多くの方にご参加いただきました。


スクールコーチやパルちゃんクラブのボランティアスタッフによるゲーム説明を受けた参加者は、それぞれの種目に挑戦し、防災について楽しく学んでいただきました。高得点を目指して何度もチャレンジする参加者もおり、「防災」というテーマにサッカーを組み合わせることで、種目にチャレンジしながら、結果的に防災の知識が高まっていくという様子が印象的でした。


今後も、エスパルスでは「備えるを、楽しもう」というソナエル東海のコンセプトのもと、防災に関する取り組みを行ってまいります。


ニュース一覧

あなたにオススメのニュース